椎間板ヘルニア、激痛からの解放

もともと首の痛みもありましたが、始まりは腰痛でした。
それで柔軟をちょこっと、ウォーキングをちょこっと、思い付き程度にやっていたのですがそんなことでは何の役にも立ちませんよね。長距離を運転した後は特に腰痛が酷いように思いましたが、原因が分かるからこそ、それほど心配しないという、訳の分からない自己判断をしていました。

ある日、ぎっくり腰です。単なるぎっくり腰と思いきや、日に日に痛みは増して、起き上がれなくなりました。
普段、病院など行かない私が、あまりの激痛に、文字通り這うようにして病院へ行きました。待合室でも座って待っていられませんから、看護師さんに悲痛な訴えをして、それでも大勢の患者さんがいますから、公平に順番が早くなったりはしません。

何時間も待って、ようやく私の番。診断名は「椎間板ヘルニア」でした。しかし、痛むのは下半身、足首まで痛むのです。医師にそう訴えると、そういうものなのだと答えが返ってきました。

こうなると痛み止めに頼らざるを得ません。硬膜外ブロック注射、飲み薬、湿布、入浴、藁をも掴む思いで鍼灸治療院。あまりに酷い痛みに、飲み薬も効きません。何をするにも、どういう姿をしても、とにかく痛みが減らないのです。夜も眠れません。食欲も失せ、次第に精神も壊れて行きます。

本人にしか分からない痛みは、周囲に心配をかけると同時に、色々世話をやかれます。やれ温めろ、やれ冷やせ、やれ動かせ、やれじっとしておけ、あれを飲め、これをしろ、ここへ行け、あそこには行くな。ありがたい事ではありますが、お願いだから一人にして、言いたくなるほど痛みが苦痛でした。
笑顔で会話できないし、新雪をありがたく受け取る余裕が無いのです。

激痛は、最初に病院です。検査して診断名がはっきりしたら、後は痛みのコントロール。良く効くお薬を見つけましょう。強い痛み止めは、体に合わないことがあります。変だなと思ったら、すぐに病院に連絡してください。

医師の許可があれば、温熱療法、鍼灸、マッサージ、試してみてください。おそらくどれも天国の気分。痛みは激減します。そして痛みから少しでも解放されたら、寝る、とにかく寝るのです。

睡眠は体を回復させます。夜眠れることが回復の早道です。今とても辛い方、必ず治ります、治ります。痛みから早く逃げてください。逃げることは回復をはやめます。早く苦痛から解放されることをお祈りしております。

PR|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|SEOアクセスアップ相互リンク集|ダイエットチャレンジ100日|AGAでお悩み解決|お家の見直ししま専科|お小遣いNET|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|
クレジットカードの即日発行じゃけん|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM